雪紋 珍しく科学的な視点で描かれた紋章

雪の結晶、雪華を形象化した紋であるが様々で美しい。雪は風景に美を添えるばかりでなく、豊年のめでたいしるしをもみられた。雪の結晶をアレンジして、六角のパターンを基本としています。多くは笹やなずななどと組み合わされていますか、雪輪は他の紋の外輪に用いられています。春の雪、花形雪、雪輪、つらら雪、こもり雪、吹風雪、山雪と風情が感じられる名前がついています。