鷹の羽紋は鷹は天高く飛ぶことから生まれてきたと言われています。鷹の羽紋は他の鳥や獣をねらう勇猛な鷹の性質を好んだところからうまれたものであろうと思われます。羽の洗練されたデザインが美しい。中世においては、武官のかぶる武礼冠に用いられた。初めて史書に見えるのは「蒙古襲来絵巻」にこの紋が描かれています。戦国武将に多く好んで用いられた。