うさぎは昔から神聖な動物とみられていました。「日本書紀」にある因幡の白兎はいまも神社にまつられています。また出雲神話「因幡の白兎」だまそうとした兎がひどい目にあい大国主命に助けられ、のち大国主命と八上姫の縁を結んだということで、「福」を呼ぶ縁起の良い動物として古来親しまれてきました。「うさぎは月の精であるその歳は千歳」と「延喜式祥端」にもあります。うさぎ紋が初めて用いられたのは三橋氏、三橋氏の代表家紋です。子のうさぎは一匹で、二匹が向かい合っていたりとデザインがかわいいですね。