武将の紋

戦場では、敵味方を識別し、家門の団結を図り強い軍団を形成するために「旗印」や「家紋」が活躍する。
「旗印」で有名なものに武田の軍勢が旗めかした「風(ふう)林(りん)火山(かざん)」がある。また古く楠正成は「非理法権天(ひりほうけんてん)」の旗印を、そして越後の上杉謙信は「毘(び)」という軍旗を掲げて川中島に出陣した。近くは秀吉の「千成(せんなり)瓢箪(ひょうたん)」が有名である。

しかし家紋は、数の多さでは旗印の比ではない。一つの軍団で旗印は一つであるが家紋は無数にある。そして武将の紋も限りなく多い。

それにしても武将の紋は、優しい。
荒々しい戦国の世にあっても家伝来の紋はやさしく、植物、特に花の紋も多く見られる。
天下人三人の家紋、例えば信長の紋は「木瓜」、秀吉は「五七の桐」、そして家康は「三つ葉葵」を使った。
 古く南北朝時代に活躍した楠正成は「菊水」紋であったし、武家の棟梁・源氏の紋は「笹竜胆」と、いずれも花である。
 明智光秀は桔梗紋、井伊家は橘紋、加藤清正は戦いでは蛇の目紋を使っていたが、慶事では、桔梗紋を使っている。かの武田信玄は菱紋を使用し、上杉家は雀紋を使っていた。決して鷹や鷲などの猛禽ではない。
このように戦国武将の多くは、優しい紋を使っている

武将名 家紋 家紋名
伊達政宗 仙台笹
直江兼続 直江愛
武田信玄 武田菱 武田菱
上杉謙信 上杉笹
織田信長 織田木瓜 織田木瓜
徳川家康 三葉葵紋 三葉葵紋
前田 加賀梅鉢 加賀梅鉢
豊臣秀吉 五七の桐 五七の桐
石田三成 大一大万大吉 大一大万大吉
明智光秀 桔梗 桔梗
真田幸村 真田六文銭 真田銭
佐竹義宣 五本骨に月丸 五本骨に月丸
加藤清正 九曜 蛇の目 桔梗
片倉景綱 九曜 九曜
竹中重治 丸に九枚笹 丸に九枚笹
島津義弘 丸に十字 丸に十字
毛利元就 一文字三つ星 一文字三つ星
北条氏康 一文字三つ星 三つ鱗
     
近藤勇 丸の内に三つ引き
土方歳三 直江愛 左三つ巴
沖田総司 中輪に四方木瓜 中輪に四方木瓜
坂本龍馬 組み合わせ角に
桔梗紋
中岡慎太郎 織田木瓜 丸に綿の花
柴田勝家   雁金
朝倉敏景   三つ盛木瓜
斉藤道三   二頭立て波
福島正則   福島おもだか
山内一豊   中輪に土佐柏
黒田官兵衛   黒餅
足利義氏    
浅井長政   三つ盛亀甲
源氏   笹竜胆
平家   上羽蝶
楠木正成   菊水紋