加賀前田氏の家紋として有名です

梅は昔から、その気品のある色と香りとが賞美されてきましたが、藤原道真が梅を愛したことから、天満宮の紋章として知られるようになりました。梅紋はそのパターンが2つあって、リアルになっているのが梅花紋、図案化されたものが梅鉢紋。