橘(たちばな)

昔常世の国から渡ってきた貴木として尊ばれた。奈良時代には貴族の庭に植えられ珍重された。橘を紋に使ったのは「年中行事」「法然上人絵伝」などにこの文様がでています。橘氏がこの紋章をもらったとされる。